Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 八海山 


 山名
八海山
 山行日
2018年3月11日(日)
 人数
L:W.A 他7人
 コース
山頂駅‐四合目分岐‐女人堂-薬師岳
 費用
 
コースmap
八海山 登山コース
 

 コ−スタイム

八海山RW駅8:00‐山頂駅8:10/8:20‐四合目分岐‐女人堂-薬師岳-女人堂-四合目分岐-山頂駅-RW駅

 

 3月縦走分科会山行 八海山

道の駅に前夜泊後始発の8時八海山RWにて山頂駅へ。アイゼンを着けて準備を整え、快晴の青空が広がり無風というこの上ない天気に恵まれての出発だ。スキーゲレンデを横切ったあとはやや急登して尾根に乗る。雪より上に伸びている樹木はまばらなため視界が開けており、青空に映えた樹氷が何とも美しい。雪はツボ足で10センチほどしか沈まずアイゼンのみで快適に進むことができる。しばらく緩やかな尾根道のアップダウンを進むと、女人堂の手前雪壁に近い急登があらわれる。ストックをピッケルに持ち替えて、リーダーが先頭を切ってしっかり確実なステップで登る。全員無事に上がったら、1階部分が埋もれた女人堂の横で大休止をとる。

 
 
 

次のピーク薬師岳まではずっと登りでなかなかの急坂がありアルバイトを強いられた。気温も上がり汗をたっぷりかいたら、最後のヤブを突破して銅像が立つ薬師岳に上がった。風が強くなってきたこともあり、本日はここから引き返すことにして写真撮影や休憩をとったあと下山開始。

下山も順調と言いたいが、女人堂から下る急坂で私はゴロゴロと転倒してしまった。危険のないところだったので問題なくケガもなかったが油断大敵でした。そのあたりからは、また風もおさまりのんびりと風景を楽しんで歩くことができた。入山している人も少なく終始ほぼ自分達だけで雪山を堪能できた。

 
 
 
 
 

私にとっては松戸山の会での最後の雪山となりました。ご一緒いただいた皆さま本当にお世話になりました。楽しい思い出をありがとうございました。

 
 M.T 記
 
 山行記の訪問者数 今月:45件 累計:109件
TAG:越後,雪山・スキー,縦走分科会

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・