Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 鬼怒沼湿原 


 山名
鬼怒沼湿原
 山行日
2018年8月25日(土)~26日(日)
 人数
L: G 他9名
 コース
丸沼分岐-オロオソロシの滝観瀑台-ヒナタオソロシノ滝展望台-鬼怒沼湿原
 費用
 
コースmap
鬼怒沼湿原 登山コース
 

 コ−スタイム

25日:加仁湯温泉13:10出発-分岐13:50-日向オソロシの滝展望台14:20/30-往路を戻る15:20着

26日:宿8:00出発―丸沼分岐―オロオソロシの滝観瀑台9:20/25−ヒナタオソロシノ滝展望台―鬼怒沼湿原11:20着湿原一周11:40往路を戻る―温泉14:40着

 

 加仁湯温泉~日向オソロシの滝展望台往復

9:15下今市駅前で加仁湯温泉迎えのバスに乗車、日光いろは坂経由で登山口金精峠トンネル前で根名草山行きの面々と別れて、我等3名はそのままバスで加仁湯温泉に直行です。が長い、戦場ヶ原まで戻り、光徳牧場入口から入り、山王峠経由 奥鬼怒林道(山王林道)を延々と下る。運転手(後で分かったがオーナーだった)の説明で途中に昭和初期まで西沢金山があり、その儲けで先々代が加仁湯温泉を建てた事、又、柏市の「うどん市」は親戚です。等色々説明を聞き、川股温泉の本道に出て、女夫渕から加仁湯温泉に12:30ようやく到着した。

一休みして、我等も歩けるだろう「日向オソロシの滝」展望台に出発する。丸沼分岐までは良かったが、吊り橋を渡ってから展望台までが結構きつい、ようやく展望台に到着、展望する。ですが木々の間から辛うじて見える程度で意外と迫力はなかった。往路を戻り、早速風呂に入りのんびりして、(露天風呂廻りは見るだけで出来なかった)夕立ちがあったので心配しながら、根名草山からの精鋭の下山を待ちました。元気に下山した面々に逢いホットしました。夕食は全員そろって美味しく楽しく戴き一日を無事に終了しました。

 
 

 鬼怒沼湿原往復

本日は全員で集合記念写真に納まり、宿を出発する。先ず日光沢温泉脇登山口で美味しい水をうるおい、登山道に入る。丸沼分岐を通過した辺りから急登になる、途中で一休仕、もう汗だくになる。オロオソロシノ滝展望台に着いたが昨日と同じで木々の間からの遠望だった。結構きついが杉やシラビソの木々に交じって珍しい「アスナロ(翌檜)」の変わった葉っぱを見ながら登る。やっとなだらかな登りになったが、長く感じる。やがて明かりが見えて、ようやく湿原入口に到着してやれやれです。一面の大湿原です。

リーダーが我々老人の歩調に合わせてくれたので、大分時間が押してきた。バスに間に合うために時間を短縮して、湿原も最短一周で下山となる。折角来たのに皆に迷惑かけてしまった。下山も岩場箇所があり、時間が掛かり、予定のぎりぎりの時間に宿に着く。急いで入浴、荷物を整い、バス15:30の下今市駅行きに間に合いました。

 
 

今回の山行でつくづく足が弱って来たのを痛感しました。でも、宿の色々な事を経験しました。全部のお湯に入るには一日掛けないと無理。それと往復とも長いドライブも経験した。楽しかった山行でした。この地は以前、女夫淵から往復歩いて八丁の湯と手白沢温泉に泊まった事は有りましたが加仁湯温泉は初めて、鬼怒沼湿原も初めてで尚良かったです。リーダーの細かい配慮に感謝、と鈍足に付き合ってくれた皆さんに申し訳なく、御礼申し上げます。有難うございました。

 
 K.T 記
 
 山行記の訪問者数 今月:22件 累計:248件
TAG:尾瀬・日光,ハイキング,日光

≪お知らせ・関連する山行記など≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記など≫

日光 杉並木 14年12月13日 

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、大雪のため予定していた鳳凰三山・・・

雪山教室 日光白根山 14年2月22-23日 雪山教室、白根山ロープウェイ駅から厳冬期・・・